< 主催 >

福島県

ふくしまチャレンジライフ事務局(いわき地域)
福島県いわき市平白銀町2-10 夜明け市場 2階
mail:challengelife-iwaki@tatakiage.jp

いわきチャレンジライフ
いわきチャレンジライフ
「いわきチャレンジライフプログラム」は、いわき地域でのお仕事体験やアクティビティ、現地住民との交流を通して
「いわきで暮らす」体験をしていただき、移住を推進するプログラムです。各地域の地域ディレクターがあなたの案内
係として、移住体験をサポートします。ネットだけでは知り得ない、あなただけの体験をいわきでしてみませんか?

ちょっといわきで体験してみない?

いわき市
及び
周辺地域
福島県
お申込み

◇ 20歳以上の健康に自信のある方
◇ 福島県外にお住まいの方
◇ いわき地域への移住・二地域居住を検討している方(Uターン含む)
  またはいわき地域における働き方や暮らし方に興味・関心がある方
◇ 新型コロナウィルス感染症感染防止対策にご協力いただける方

参加資格
◇ 各体験メニューページのフォームよりお申し込みください。

◇ お問い合わせ <いわきチャレンジライフ事務局>
xmail:challengelife-iwaki@tatakiage.jp
エリア
参加の流れ
◇ いわき市※周辺地域を含む
ホームページの参加申込フォームに、必要事項を記入し、お申込ください。
1. ホームページからお申し込み
応募者が定員を超えた場合、事務局にて選考いたします。
その際、移住に関心のある方を優先いたします。
2. 事務局による参加者の選考・決定
各地域ディレクターより、滞在中のアクセスやスケジュールに関して
チャットやお電話にてご連絡いたします。
3. 滞在中のスケジュールの確認
体験地域までお越しいただき、短期移住を体験していただきます。
地域交流やアクティビティなどもお楽しみください。
4. 体験プログラムへの参加
参加後は、簡単なアンケートにご協力いただきます。
5.アンケートへのご協力
体感してみよう
いわき地域での新しい生き方・暮らし方
いわき地域で始める、新しいライフスタイル!穏やかな気候と自然に包まれる、いわき地域での新たな暮らしを始めてみませんか?このプログラムでは、いわき地域に関心を持ちUターン・Iターンを意識している方々に向けて「自分らしい新しい暮らし方・生き方」を探すお手伝いをいたします。
「地方移住に興味があるけど、簡単に決断できない」
「一度地方での暮らしを体験してみたい」
そんなお悩みの声をよく聞きます。
まずは短期の移住体験でいわき地域で実際に暮らす皆さんの声を聞いたりお仕事体験をしてみることで、「いわきでの生活ってこんな感じなんだ!」と、皆様が移住をするイメージを膨らませていただきたいです。

現地での過ごし方はもちろん、移住をしたあとのサポートに関してのご質問などにも地域ディレクターがお答えします!
いわき地域での移住体験プログラムを通して、新たなスローライフの一歩を踏み出してみませんか?
まずは来て体験!「いわき地域」
スローライフへ、はじめの一歩
いわき地域ってどんなところ?
福島県の東南端に位置するいわき市。暖流と寒流が交わる潮目の海が目の前にあり、冬は温暖で夏は涼しく、寒暖差が少ない穏やかな気候に恵まれ、阿武隈山系のなだらかな山、それを源とする夏井川、そして太平洋が密接しています。
いわき市の人口は約35万人と福島県で最も多く、東北全体でも仙台市に次いで2番目となっています。一方、市の面積は、東京23区の約2倍の広さの大きい市。自然と中核都市の機能の両面を併せ持ち、「ちょいなか、ちょいまち」と表現されることも。
首都圏からは特急で約2時間半と比較的近く、アクセスも◎。
東北にもかかわらず、雪がほとんど降らないため、日常生活も快適。太平洋から吹く浜風で、夏も涼しく過ごすことができます。また、年間を通してゴルフや乗馬、キャンプなどのレジャーやスポーツが楽しめるので、充実したプライベートが楽しめます。
アクアマリンふくしまやスパリゾートハワイアンズなどファミリーで楽しめる人気スポットから、塩屋崎灯台に国宝白水阿弥陀堂などゆっくりした時間を過ごすことができる定番の観光地まで、魅力的なスポットもたくさんあるので休日には近場で観光を楽しむこともできます。
いわき市の北側には東日本大震災からの復興が進む双葉郡が立地し、イノベーションコースト構想など新たな取組が進められている中で、新たなチャレンジに挑む移住者も増えています。
いわき地域で短期移住体験!
「いわき」という地域との出会いはもちろん、自然、風景、食べ物、そして現地に住む人々との出会いを通して、皆様に楽しんでいただき素敵な体験をしていただけるよう、地域ディレクターをはじめスタッフ一同お手伝いいたします。

・漁師体験
・海が見えるコテージ建設DIYの体験
・収穫から始める漬物作り体験
・地域のマップ作り体験
といったお仕事体験のほか、ピザ作りやサイクリング、キャンプなどのアクティビティも充実しています。
それぞれの体験を地域住民の方ともご一緒にしていただくことで、地域の皆様との交流を楽しんでいただいたり、実際にいわきで暮らす皆様のリアルな声を聞くことができます。

「移住に興味があるけどどの場所を選んだら良いのかわからない」「どうやって進めたら良いのかわからない」そんなあなたのはじめの一歩になれたら幸いです。
選べる暮らし体験・地域交流
・鮭の合わせ網漁
・キャンプ&サイクリングの様子をGoProで撮影する魅力発信
・収穫から乾燥・漬け込むところまで関わる漬物製造
・地域の写真を撮影し、観光用マップを作成
・地元の皆さんと行う農作物の収穫体験
・海が見えるコテージ建設のDIY体験
・地元の漁師さんと行うプチ漁師体験
など、バラエティ豊かなプログラムの中からお選びいただけます。宿泊していただくのは、それぞれの地域のゲストハウスや民宿など。現地で暮らす住民のリアルな暮らしをみることができます。全てのプログラムに地域交流会が含まれますが、「こんな人と話してみたい」「実際に移住してきた人と会ってみたい」などご希望があれば地域コーディネーターにご相談ください。
facebook
twitter
x11月中旬(3泊4日程度)
【動画撮影講座付き!】サイクリングで山・田園・海辺までを走り抜けるプログラム!
x11月中旬(3泊4日程度)
【山や畑の楽しみ方を発見!】地域の方と汗を流して、自然を体感するプログラム!
募集中の体験プログラム
x12月上旬(3泊4日程度)
【魚介尽くしのプログラム!】漁師発祥の郷土料理加工場&魚屋を手伝って捌いて食べ尽くそう!
x12月中旬(3泊4日程度)
【リノベ体験】海が見える空き家をコワーキングコテージに再生しよう!
以下の体験をクリックして申し込み!
お仕事プログラム一覧
x11月上旬(3泊4日または7泊8日程度)
【受付は終了しました】【イクラが絶品!】女性もできる、地域の皆さんと力を合わせた伝統の鮭漁!調理、販売、そして食して鮭を堪能しよう!
x10月下旬〜11月上旬(5泊6日または3泊4日程度)
【受付は終了しました】【地域の魅力発信!】地域の人と町を巡り、マップづくりをするプログラム!
x10月下旬〜11月上旬(3泊4日程度)
【受付は終了しました】【伝統食材!】えごま脱穀のお手伝い+石窯ピザや和紙作り体験!田舎のお仕事も休日も体験できるプログラム!
x11月上旬(3泊4日程度)
【受付は終了しました】【海が好きな方必見!】プチ漁師体験![常磐沖]を漁船に乗って獲って食べ尽くそう!
いわきチャレンジライフ
「いわきチャレンジライフプログラム」は、いわき地域でのお仕事体験やアクティビティ、現地住民との交流を通して「いわきで暮らす」体験をしていただき、移住を推進するプログラムです。各地域の地域ディレクターがあなたの案内係として、移住体験をサポートします。ネットだけでは知り得ない、あなただけの体験をいわきでしてみませんか?
ちょっといわきで体験してみない?
体感してみよう
いわき地域での新しい生き方・暮らし方
いわき地域で始める、新しいライフスタイル!穏やかな気候と自然に包まれる、いわき地域での新たな暮らしを始めてみませんか?このプログラムでは、いわき地域に関心を持ちUターン・Iターンを意識している方々に向けて「自分らしい新しい暮らし方・生き方」を探すお手伝いをいたします。
「地方移住に興味があるけど、簡単に決断できない」
「一度地方での暮らしを体験してみたい」
そんなお悩みの声をよく聞きます。
まずは短期の移住体験でいわき地域で実際に暮らす皆さんの声を聞いたりお仕事体験をしてみることで、「いわきでの生活ってこんな感じなんだ!」と、皆様が移住をするイメージを膨らませていただきたいです。

現地での過ごし方はもちろん、移住をしたあとのサポートに関してのご質問などにも地域ディレクターがお答えします!
いわき地域での移住体験プログラムを通して、新たなスローライフの一歩を踏み出してみませんか?
まずは来て体験!「いわき地域」
スローライフへ、はじめの一歩
いわき地域ってどんなところ?
福島県の東南端に位置するいわき市。暖流と寒流が交わる潮目の海が目の前にあり、冬は温暖で夏は涼しく、寒暖差が少ない穏やかな気候に恵まれ、阿武隈山系のなだらかな山、それを源とする夏井川、そして太平洋が密接しています。
いわき市の人口は約35万人と福島県で最も多く、東北全体でも仙台市に次いで2番目となっています。一方、市の面積は、東京23区の約2倍の広さの大きい市。自然と中核都市の機能の両面を併せ持ち、「ちょいなか、ちょいまち」と表現されることも。
首都圏からは特急で約2時間半と比較的近く、アクセスも◎。
東北にもかかわらず、雪がほとんど降らないため、日常生活も快適。太平洋から吹く浜風で、夏も涼しく過ごすことができます。また、年間を通してゴルフや乗馬、キャンプなどのレジャーやスポーツが楽しめるので、充実したプライベートが楽しめます。
アクアマリンふくしまやスパリゾートハワイアンズなどファミリーで楽しめる人気スポットから、塩屋崎灯台に国宝白水阿弥陀堂などゆっくりした時間を過ごすことができる定番の観光地まで、魅力的なスポットもたくさんあるので休日には近場で観光を楽しむこともできます。
いわき市の北側には東日本大震災からの復興が進む双葉郡が立地し、イノベーションコースト構想など新たな取組が進められている中で、新たなチャレンジに挑む移住者も増えています。
選べる暮らし体験・地域交流
・鮭の合わせ網漁
・キャンプ&サイクリングの様子をGoProで撮影する魅力発信
・収穫から乾燥・漬け込むところまで関わる漬物製造
・地域の写真を撮影し、観光用マップを作成
・地元の皆さんと行う農作物の収穫体験
・海が見えるコテージ建設のDIY体験
・地元の漁師さんと行うプチ漁師体験
など、バラエティ豊かなプログラムの中からお選びいただけます。宿泊していただくのは、それぞれの地域のゲストハウスや民宿など。現地で暮らす住民のリアルな暮らしをみることができます。全てのプログラムに地域交流会が含まれますが、「こんな人と話してみたい」「実際に移住してきた人と会ってみたい」などご希望があれば地域コーディネーターにご相談ください。
いわき地域で短期移住体験!
「いわき」という地域との出会いはもちろん、自然、風景、食べ物、そして現地に住む人々との出会いを通して、皆様に楽しんでいただき素敵な体験をしていただけるよう、地域ディレクターをはじめスタッフ一同お手伝いいたします。

・漁師体験
・海が見えるコテージ建設DIYの体験
・収穫から始める漬物作り体験
・地域のマップ作り体験
といったお仕事体験のほか、ピザ作りやサイクリング、キャンプなどのアクティビティも充実しています。
それぞれの体験を地域住民の方ともご一緒にしていただくことで、地域の皆様との交流を楽しんでいただいたり、実際にいわきで暮らす皆様のリアルな声を聞くことができます。

「移住に興味があるけどどの場所を選んだら良いのかわからない」「どうやって進めたら良いのかわからない」そんなあなたのはじめの一歩になれたら幸いです。
facebook
twitter
いわきチャレンジライフ SNS
募集中の体験プログラム
x11月上旬(3泊4日程度)
【受付は終了しました】【海が好きな方必見!】プチ漁師体験![常磐沖]を漁船に乗って獲って食べ尽くそう!
x10月下旬〜11月上旬(3泊4日程度)
【受付は終了しました】【伝統食材!】えごま脱穀のお手伝い+石窯ピザや和紙作り体験!田舎のお仕事も休日も体験できるプログラム!
x11月上旬(3泊4日または7泊8日程度)
【受付は終了しました】【イクラが絶品!】女性もできる、地域の皆さんと力を合わせた伝統の鮭漁!調理、販売、そして食して鮭を堪能しよう!
x10月下旬〜11月上旬(5泊6日または3泊4日程度)
【受付は終了しました】【地域の魅力発信!】地域の人と町を巡り、マップづくりをするプログラム!

◇ 20歳以上の健康に自信のある方
◇ 福島県外にお住まいの方
◇ いわき地域への移住・二地域居住を検討している方(Uターン含む)
  またはいわき地域における働き方や暮らし方に興味・関心がある方
◇ 新型コロナウィルス感染症感染防止対策にご協力いただける方

参加資格
お申込み
◇ 各体験メニューページのフォームよりお申し込みください。

◇ お問い合わせ <いわきチャレンジライフ事務局>
xmail:challengelife-iwaki@tatakiage.jp
参加の流れ
いわき市
及び
周辺地域
福島県
エリア
◇ いわき市※周辺地域を含む
ホームページの参加申込フォームに、必要事項を記入し、お申込ください。
1. ホームページからお申し込み
応募者が定員を超えた場合、事務局にて選考いたします。
その際、移住に関心のある方を優先いたします。
2. 事務局による参加者の選考・決定
各地域ディレクターより、滞在中のアクセスやスケジュールに関して
チャットやお電話にてご連絡いたします。
3. 滞在中のスケジュールの確認
体験地域までお越しいただき、短期移住を体験していただきます。
地域交流やアクティビティなどもお楽しみください。
4. 体験プログラムへの参加
参加後は、簡単なアンケートにご協力いただきます。
5.アンケートへのご協力

< 主催 >

福島県

ふくしまチャレンジライフ事務局(いわき地域)
福島県いわき市平白銀町2-10 夜明け市場 2階
mail:challengelife-iwaki@tatakiage.jp

いわきチャレンジライフ
以下の体験をクリックして申し込み!
お仕事プログラム一覧
x12月上旬(3泊4日程度)
【魚介尽くしのプログラム!】漁師発祥の郷土料理加工場&魚屋を手伝って捌いて食べ尽くそう!
x12月中旬(3泊4日程度)
【リノベ体験】海が見える空き家をコワーキングコテージに再生しよう!
x11月中旬(3泊4日程度)
【動画撮影講座付き!】サイクリングで山・田園・海辺までを走り抜けるプログラム!
x11月中旬(3泊4日程度)
【山や畑の楽しみ方を発見!】地域の方と汗を流して、自然を体感するプログラム!
「いわきチャレンジライフプログラム」は、いわき地域でのお仕事体験やアクティビティ、現地住民との交流を通して「いわきで暮らす」体験をしていただき、移住を推進するプログラムです。各地域の地域ディレクターがあなたの案内係として、移住体験をサポートします。ネットだけでは知り得ない、あなただけの体験をいわきでしてみませんか?
ちょっといわきで体験してみない?
facebook
twitter
いわきチャレンジライフ

< 主催 >

福島県

ふくしまチャレンジライフ事務局(いわき地域)
福島県いわき市平白銀町2-10 夜明け市場 2階
mail:challengelife-iwaki@tatakiage.jp

参加の流れ
ホームページの参加申込フォームに、必要事項を記入し、お申込ください。
x1. ホームページからお申し込み
応募者が定員を超えた場合、事務局にて選考いたします。その際、移住に関心のある方を優先いたします。
x2. 事務局による参加者の選考・決定
各地域ディレクターより、滞在中のアクセスやスケジュールに関してチャットやお電話にてご連絡いたします。
x3. 滞在中のスケジュールの確認
体験地域までお越しいただき、短期移住を体験していただきます。地域交流やアクティビティなどもお楽しみください。
x4. 体験プログラムへの参加
参加後は、簡単なアンケートにご協力いただきます。
x5.アンケートへのご協力
体感してみよう
いわき地域での新しい生き方・暮らし方
いわき地域で始める、新しいライフスタイル!穏やかな気候と自然に包まれる、いわき地域での新たな暮らしを始めてみませんか?このプログラムでは、いわき地域に関心を持ちUターン・Iターンを意識している方々に向けて「自分らしい新しい暮らし方・生き方」を探すお手伝いをいたします。
「地方移住に興味があるけど、簡単に決断できない」
「一度地方での暮らしを体験してみたい」
そんなお悩みの声をよく聞きます。
まずは短期の移住体験でいわき地域で実際に暮らす皆さんの声を聞いたりお仕事体験をしてみることで、「いわきでの生活ってこんな感じなんだ!」と、皆様が移住をするイメージを膨らませていただきたいです。

現地での過ごし方はもちろん、移住をしたあとのサポートに関してのご質問などにも地域ディレクターがお答えします!
いわき地域での移住体験プログラムを通して、新たなスローライフの一歩を踏み出してみませんか?
スローライフへ、はじめの一歩
まずは来て体験!「いわき地域」
いわき地域ってどんなところ?
福島県の東南端に位置するいわき市。暖流と寒流が交わる潮目の海が目の前にあり、冬は温暖で夏は涼しく、寒暖差が少ない穏やかな気候に恵まれ、阿武隈山系のなだらかな山、それを源とする夏井川、そして太平洋が密接しています。
いわき市の人口は約35万人と福島県で最も多く、東北全体でも仙台市に次いで2番目となっています。一方、市の面積は、東京23区の約2倍の広さの大きい市。自然と中核都市の機能の両面を併せ持ち、「ちょいなか、ちょいまち」と表現されることも。
首都圏からは特急で約2時間半と比較的近く、アクセスも◎。
東北にもかかわらず、雪がほとんど降らないため、日常生活も快適。太平洋から吹く浜風で、夏も涼しく過ごすことができます。また、年間を通してゴルフや乗馬、キャンプなどのレジャーやスポーツが楽しめるので、充実したプライベートが楽しめます。
アクアマリンふくしまやスパリゾートハワイアンズなどファミリーで楽しめる人気スポットから、塩屋崎灯台に国宝白水阿弥陀堂などゆっくりした時間を過ごすことができる定番の観光地まで、魅力的なスポットもたくさんあるので休日には近場で観光を楽しむこともできます。
いわき市の北側には東日本大震災からの復興が進む双葉郡が立地し、イノベーションコースト構想など新たな取組が進められている中で、新たなチャレンジに挑む移住者も増えています。
いわき地域で短期移住体験!
「いわき」という地域との出会いはもちろん、自然、風景、食べ物、そして現地に住む人々との出会いを通して、皆様に楽しんでいただき素敵な体験をしていただけるよう、地域ディレクターをはじめスタッフ一同お手伝いいたします。

・漁師体験
・海が見えるコテージ建設DIYの体験
・収穫から始める漬物作り体験
・地域のマップ作り体験
といったお仕事体験のほか、ピザ作りやサイクリング、キャンプなどのアクティビティも充実しています。
それぞれの体験を地域住民の方ともご一緒にしていただくことで、地域の皆様との交流を楽しんでいただいたり、実際にいわきで暮らす皆様のリアルな声を聞くことができます。

「移住に興味があるけどどの場所を選んだら良いのかわからない」「どうやって進めたら良いのかわからない」そんなあなたのはじめの一歩になれたら幸いです。
選べる暮らし体験・地域交流
・鮭の合わせ網漁
・キャンプ&サイクリングの様子をGoProで撮影する魅力発信
・収穫から乾燥・漬け込むところまで関わる漬物製造
・地域の写真を撮影し、観光用マップを作成
・地元の皆さんと行う農作物の収穫体験
・海が見えるコテージ建設のDIY体験
・地元の漁師さんと行うプチ漁師体験
など、バラエティ豊かなプログラムの中からお選びいただけます。宿泊していただくのは、それぞれの地域のゲストハウスや民宿など。現地で暮らす住民のリアルな暮らしをみることができます。全てのプログラムに地域交流会が含まれますが、「こんな人と話してみたい」「実際に移住してきた人と会ってみたい」などご希望があれば地域コーディネーターにご相談ください。
いわきチャレンジライフ SNS
募集中の体験プログラム
◇ 各体験メニューページのフォームよりお申し込みください。

◇ お問い合わせ <いわきチャレンジライフ事務局>
xmail:challengelife-iwaki@tatakiage.jp
参加資格
お申込み
エリア
◇ いわき市※周辺地域を含む

◇ 20歳以上の健康に自信のある方
◇ 福島県外にお住まいの方
◇ いわき地域への移住・二地域居住を検討している方(Uターン含む)、またはいわき地域における働き方や暮らし方に興味・関心がある方
◇ 新型コロナウィルス感染症感染防止対策にご協力いただける方

x12月上旬(3泊4日程度)
【魚介尽くしのプログラム!】漁師発祥の郷土料理加工場&魚屋を手伝って捌いて食べ尽くそう!
x12月中旬(3泊4日程度)
【リノベ体験】海が見える空き家をコワーキングコテージに再生しよう!
いわきチャレンジライフ
いわき市
及び
周辺地域
福島県
以下の体験をクリックして申し込み!
お仕事プログラム一覧
x11月中旬(3泊4日程度)
【動画撮影講座付き!】サイクリングで山・田園・海辺までを走り抜けるプログラム!
x11月中旬(3泊4日程度)
【山や畑の楽しみ方を発見!】地域の方と汗を流して、自然を体感するプログラム!
x11月上旬(3泊4日または7泊8日程度)
【受付は終了しました】【イクラが絶品!】女性もできる、地域の皆さんと力を合わせた伝統の鮭漁!調理、販売、そして食して鮭を堪能しよう!
x10月下旬〜11月上旬(5泊6日または3泊4日程度)
【受付は終了しました】【地域の魅力発信!】地域の人と町を巡り、マップづくりをするプログラム!
x10月下旬〜11月上旬(3泊4日程度)
【受付は終了しました】【伝統食材!】えごま脱穀のお手伝い+石窯ピザや和紙作り体験!田舎のお仕事も休日も体験できるプログラム!
x11月上旬(3泊4日程度)
【受付は終了しました】【海が好きな方必見!】プチ漁師体験![常磐沖]を漁船に乗って獲って食べ尽くそう!